FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

感謝いたします。

まちなみ2

まちなみ

今年の10月26日よりブログを書き始めて約2ヵ月半が経ち、これまでたくさんの方にこのブログを読んで頂きました。

記載者といたしましては、できる限り自分の気持ちに忠実に書くことを心がけています。

いつもこのブログを読んでくださる皆様、コメントを入れてくれる皆様、まことにありがとうございます。

今年も残りわずかとなりました。どうぞ、皆様よいお年をお迎えくださいませ。

これからも「南の小さな島の生活」をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
16:11 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

交通安全週間

警察

警察1

年末年始の交通安全週間に入った。

もともと島には交番(おまわりさんがいない)がないため、普段から交通ルールに対して気が緩みがちである。

普段警察官を見かけないため、こうして道端に立たれると、なぜかドキッとして身の引き締まる思いがする。

交通安全週間にかかわらず、なるべく頻繁に島へ来ていただき、島内パトロールや街頭指導等を行ってほしいものである。
22:25 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コスモス

今朝、出勤したら会社の庭にコスモスが咲いている。

大きく背伸びをし、深く深呼吸、なんとも気分爽快である。
22:28 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

PTA部活動(凧作り教室)

凧作り

凧つくり2

凧つくり

凧作り講師上2人を招いての凧作り教室。

来る、凧揚げ大会(2006年1月6日)に向けての準備である。

お正月に手作り凧を揚げている風景を最近ほどんど見かけなくなった。時折目にするのは、航空力学に基づいて作られている「カイト(逆三角形の西洋凧)」である。「カイト」は風さえあれば誰で揚がる。

今回の凧作りの目的は、竹の割り方、刃物の使い方等をはじめ、さらに親と子のコミニュケーション等、あらゆる要素が含まれている。

いわゆる「生きる力を培う」である。
00:28 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「まちなみ保存基金」

先日のNPOが使用した「まちなみ保存基金」用募金箱。

募金箱に入れられた現金については町議会において一般質問となった。質問に対して町長は「寄付採納があったら、公金とみなす」と答弁した。

なんと言う事だ・・

「まちなみ保存基金」と書いた募金箱へ募金していただいた方々の善意はどうなる? 

では、募金箱に入っている現金は一体誰のものだ!

「まちなみ保存基金」と書いた募金箱の目的はなんだ!



これでは募金を入れる側も不安を抱かざるを得ない。

10:35 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

歩く・・触れる感じる

もっと深く・・1

もっと深く・・

今、島を訪れる観光の主流は一日でより多くの島々を巡る観光パックツアーである。「5島めぐり」「7島めぐり」さらに「10島めぐり」など。このパックツアーに乗ってくる観光客は、自分が今どの島にいるのかさえも分からなくなるほどである。

そして島の中にあるアンケート箱には「もっとゆっくり島に滞在したい」「のんびりと集落の中を歩いてみたい」「地元の方ともっと話がしたい」などの声が多い。

そして今回観光客の声に応え、さらに深く島のよさを知ってもらおうと、新しい観光がスタートした。

この観光ツアーは、基本的に『自分の足で歩く』。島出身のお年寄りがガイドをし、島の名所旧跡はもちろん、自分自身の身の回りに起きた出来事などリアルタイムにそれも島の方言を交えながら話してくれる。

原点に戻った観光形態と言える。
21:41 | 未分類 | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おそるべし 『NPO法人』

まちなみ基金

先ほど集落の集会があった。ちょうどNPO理事のA氏も出席していたで、A氏に上記の記事中にある「返還を求めた」と書いてある経緯について説明を求めた。

ちなみに、この“まちなみ基金”募金箱は島の「まちなみ景観」を維持及び守るために少しでも島民の負担を減らそうと言う目的の基金であり、町教育委員会の管理の下、島のまちなみ保存調整委員会(以下調整委員会)が定期的に回収することになっている。



A氏「募金箱3個については、ほこりをかぶって置いてあったので     “まちなみ基金”と書いた文字を上から隠すようにして“うっちん  茶などを作っています、ご協力ください。”というような感じで書  いて、その金でお茶などを作っていた。ただそれだけのことだ。」

--「もともとは“まちなみ基金”用募金箱でしょ? その辺については  なんとも思わないですか? 」

A氏「だから、ちゃんと元の文字を消して間違えないように書いてあるで  しょ。」

--「この募金箱は教育委員会と調整委員会との間で個数を決め、設置場  所を決めたんじゃないんですか? 例え募金箱の一部を使っていな  かったからと言ってそれを別の目的に使用するのはおかしいでし   ょ。それに、目的外使用しているのはNPOですよ。」

A氏「だから、教育委員会にもその辺は説明したし、教育委員会も納得し  て帰っていったよ。」



なんとも、おかしな話である。しかも、納得して帰って行く教育委員会も教育委員会である。本来指導監督の立場にあるはずの教育委員会がこの程度とは、まったく情けない話である。
23:13 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

資料がない?

毎年、冬休み前に行われる学校行事(PTA部活動)のために、担当の先生方と保護者とで話し合いを持った。

例年、前回(昨年)の資料をもとに、今年の取り組みついて話し合いを進めるわけだが、資料が何もないという。

「しっかり探してみましたか?」と聞くと

「私は1年目なのでなにもわからないし、おそらく前任の先生が知っていると思います。」との返事だった。

「えっ、先生方の間では業務の引継ぎ作業はやらないのですか?」

「・・・・・」

学校教育は大丈夫なのだろうか・・・・。


23:43 | 未分類 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

13:00~13:30

ガソリンスタンド

島唯一のガソリンスタンドである。

営業時間  13:00~13:30(30分間)

定休日   毎月第 2、4 日曜日

一日にたった30分間しか営業しない。にもかかわらず月に2回も定休日があるとは、利用する消費者はとても不便だ。

少なくとも私はそう感じている。
23:29 | 未分類 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アカショウビン

アカショウビン1

アカショウビン2

物干し竿にとまったアカショウビン。「キュルルルルルル」と鳴く。
23:42 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。