スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

多忙な一日



「平成19年町政懇談会」
町政懇談会は、町長をはじめ各課課長(総勢14名)が竹富町内各島々を回り直接島民の声を聞く。
Gakuの住む、こちら竹富島では、集落内を通る高圧電線を集落外へ移動してほしいと要望した。





IMG_2352.jpg

午後は、石垣で開催された「平成19年度学力向上対策委員会」に出席した。
この委員会の目的は『学校、家庭、地域、行政が一体となって、児童、生徒に「確かな学力」を身につけさせるための施策を推進するとともに必要な企画、調査、研究等を行う』というものである。






IMG_2362.jpg

「熱烈歓送迎会」
離任・着任する島診療所のお医者様、郵便局長、学校教職員の歓送迎会が行われた。歓送迎会終了後、2次会、3次会と続きGakuが家に帰ったのは夜中の2時近くだった。。。。


というわけで、今朝はとても眠たい・・・。
スポンサーサイト
08:28 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

島人気分・おさんぽコース!



IMG_2341.jpg

お知らせです

4月28日より「島のおじぃ、おばぁと歩く、島人気分・おさんぽコース!」(平田観光株式会社)がスタートします。

詳細は石垣港ターミナル内 平田観光(株)にて。。。
21:17 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

エメラルドグリーン



海水浴場「コンドイビーチ」

久しぶりに、とても良い天気になった。海の色もいい色が出ている。


向こうに見える島は「西表島」
13:29 | 未分類 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夜のヨーロッパ

今夜は14メガでヨーロッパがよく聞こえる。

久しぶりに電信(CW)で数局。午後10~11時頃。

Sweden、Switzerland、Germany 他

その後、SSBでアフリカと交信した。午後11時半頃。



Romaniaの局が日本向けにCQを出していたが、日本の局は誰も応答していなかった。





23:40 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大荒れ



今朝は大荒れ。

雨、風、雷、、、
06:55 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

職場



「簡易無線」業務用トランシーバー 5W出力

トランシーバーの向こう側に見える銀色の箱は「アルコールチッカー」

07:43 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ひさしぶりに良いコンディション

夕食を済ませ午後8時ごろ、21Mhzを聞いてみたら、なんと6エリア(九州)の信号がとても強い。

こんな時間に国内が聞こえるのは、久しぶりである。

早速CQを出したら、国内の局ではなくインドネシアの局に呼ばれた。
この局とは3回目の交信。久しぶりにGakuさんの声が聞こえたので呼んでみたとのことだった。

その後直ぐに、佐賀県、鹿児島県、長崎県、宮崎県、それぞれの局と交信を楽しんだ。

久しぶりに楽しい夜だった。
01:03 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

入学式



竹富小中学校入学式(4月9日)

今年の入学生は小学校4名、中学校2名。

そして、今年小中学校全校生徒数は34名になった。
13:33 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オンシジューム?



IMG_2277.jpg

この花の名は『オンシジューム(ラン科)』というのでしょうか。。。

インターネット上で調べた花とは微妙に違うような気がするのですが・・・。

23:40 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「119」竹富消防分団



ここ竹富島で火災や事故そして救急など、何かあるとこの携帯電話が鳴る。連絡を受けると直ちに島民有志組織の『竹富消防分団』の出動となる。

消防分団員全員がそれぞれ仕事を持っているため、出動命令が出ればたとえ仕事の途中であっても必ず分団員の誰かが現場へ駆けつけることになっている。そのため、この携帯電話は消防分団員の誰かが24時間肌身離さず持たなくてはならないし、もちろん電源を切ることなど出来ない。

通常この携帯電話は分団長が管理し、持ち歩いているのだが、これがなかなか大変なのだ。。。。
23:17 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。