FC2ブログ

竹富島マーケティング講座



20070519202218.jpg

20070519202126.jpg

「竹富島マーケティング講座(今、竹富島の観光を考える)」

講師には世界各国の観光地のマーケティングコンサルタントとして第一線で活躍中の榊原史博氏(マカオ政府観光局日本代表、南オーストラリア州観光政府局日本代表、株式会社マイルポスト代表取締役)をお迎えして、世界的な視野と観光マーケティングという観点から竹富島の体験滞在型観光のあり方を考える。



竹富島は年間約40万人の観光客が訪れるが、そのほとんどは滞在時間2時間程度の素通り観光である。そのため入客数の割にはたいした経済効果は得られない。

榊原氏は、WIN,WIN 観光業者、旅行者の両方が嬉しいことが大切と切り出し、国内旅行業者の求める観光形態や竹富島の現状を細かく分析したうえ、竹富島を訪れてほしい観光客はどのような層なのか、またさらに今後10年、20年、30年と続く観光とはどのような形態の観光なのか、重要なのことは”地元にしかないものを提供すること”いわゆる地産地消であり、沖縄ブームではなく持続する観光、サスティーナブル観光の重要性を分かりやすく説明してくれた。


スポンサーサイト



21:46 | 未分類 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
雷雨そして落雷 | top | きっと会いたい島がある!<竹富町観光協会>

comments

#
このような企画は誰が行っているんですか?
また講師の人や、内容はどのように決めるのですか?
生涯学習、人格形成の点からも大変素晴しいと想います。
by: snail jr | 2007/05/25 01:49 | URL [編集] | page top↑
# to snail jr
今回はGakuが企画しました。

以前、石垣でこのセミナーを聞いて、是非島の人にも聞いてもらいたいと思ったので、Gakuが直接榊原氏へメールしまして、それで実現しました。

これからも良いものはどんどん取り入れていこうかと考えています。
by: Gaku | 2007/05/25 21:34 | URL [編集] | page top↑
# さすがです。
素晴しいですね。
これからも頑張ってください。
応援しています。
by: snail jr | 2007/05/26 02:42 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://js6lih.blog33.fc2.com/tb.php/237-ca552f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)