FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

竹富島温泉事業説明会・意見交換会

竹富島に温泉!?

公民館に集まったのは、説明する企業側8名ほど、島からは公民館長を先頭に島民60名ほど。

企業側からの説明では、、これまでの経緯と温泉に対する企業側代表者の思いが話された後、掘るための穴の大きさは、直径約30センチほどで深さは約1,000メートルくらい掘るとのことだ。

そして、そのあとの意見交換会では、島民側からいろんな質問が出た。
・掘削中に温泉が湧き出たら周りは水浸しになるんじゃないか
・温泉として使用した水の後処理はどうするのか
・掘削するために、掘削現場とその周辺原野の伐採面積は大きすぎるんじゃないか
・掘削するために立てる櫓の高さはどのくらいなのか
まだまだたくさん意見が出ていたけど、それに対して企業の代表者は丁寧に答えていたさー。

確かに「まちなみ保存地区」に選定されているこの島での開発行為は、やはりみんな心配だよね。特に今もう一つの開発が行われようとしている最中だし、、おそらく多少の開発行為もアレルギー反応を起こしてしまうんだろうなぁ。

だけど、、なんか違和感を感じたさー、、、

だってねぇ、質問している人たちのほとんどが島外からの移住者なんだよねぇ。

そして最後に公民館長が、、、、

島の人(企業代表者)が、島のことを考え、温泉を掘ろうとしているわけだし、島民の意見をしっかり吸い上げて工事を進めてほしい。。  

ああ、きっとこれが島民の思いなんだろうって、僕は感じたなぁ。



スポンサーサイト
23:47 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
あぶない、あぶない! | top | ドイツラジオ局レポーター

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://js6lih.blog33.fc2.com/tb.php/790-ef334e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。